前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔終了

1244 re(5):set size ratio使用時のグラフの位置
2006/4/3(月)23:23 - 竹の - nolm01.iee.niit.ac.jp - 453 hit(s)

引用する
現在のパスワード


竹の> どこの変更でそうなったかはだいたいわかりましたが、そういう仕様だと

副作用が起こる可能性が十分ありますが、gnuplot をコンパイルできる環境ならば
以下の修正をほどこせば 4.0 と同様の挙動になると思います。

----- ここから -----
--- src/graphics.c.ORG  Thu Mar 30 10:56:02 2006
+++ src/graphics.c      Mon Apr  3 22:03:54 2006
@@ -901,17 +901,21 @@
                /* too tall */
                int height = plot_bounds.ytop - plot_bounds.ybot;
                plot_bounds.ytop = plot_bounds.ybot + required * (plot_bounds.xright - plot_bounds.xleft);
+#if 0
                height -= (plot_bounds.ytop - plot_bounds.ybot);
                height /= 2;
                plot_bounds.ytop += height;
                plot_bounds.ybot += height;
+#endif
            } else {
                int width = plot_bounds.xright - plot_bounds.xleft;
                plot_bounds.xright = plot_bounds.xleft + (plot_bounds.ytop - plot_bounds.ybot) / required;
+#if 0
                width -= (plot_bounds.xright - plot_bounds.xleft);
                width /= 2;
                plot_bounds.xright += width;
                plot_bounds.xleft += width;
+#endif
            }
        }
        /*}}} */
----- ここまで -----


〔ツリー構成〕

【1238】 set size ratio使用時のグラフの位置 2006/4/2(日)23:39 miyawaki (731)
┣【1239】 re(1):set size ratio使用時のグラフの位置 2006/4/3(月)10:30 松田七美男 (223)
┣【1240】 re(2):set size ratio使用時のグラフの位置 2006/4/3(月)14:06 miyawaki (1052)
┣【1241】 re(3):set size ratio使用時のグラフの位置 2006/4/3(月)15:50 竹の (202)
┣【1242】 re(4):set size ratio使用時のグラフの位置 2006/4/3(月)22:24 竹の (545)
┣【1243】 re(5):set size ratio使用時のグラフの位置 2006/4/3(月)23:17 松田七美男 (180)
┣【1244】 re(5):set size ratio使用時のグラフの位置 2006/4/3(月)23:23 竹の (1207)
┣【1245】 re(6):set size ratio使用時のグラフの位置 2006/4/4(火)21:27 松田七美男 (112)
┣【1246】 re(7):set size ratio使用時のグラフの位置 2006/4/5(水)02:31 miyawaki (313)
┣【1247】 re(8):set size ratio使用時のグラフの位置 2006/4/5(水)10:37 竹の (469)

前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔終了

※ 『クリックポイント』とは一覧上から読み始めた地点を指し、ツリー上の記事を巡回しても、その位置に戻ることができます.