前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔終了

2603 set link
2012/8/6(月)19:58 - 竹の - nolm01.iee.niit.ac.jp - 1298 hit(s)

引用する
現在のパスワード


また CVS 版の新しい機能の紹介です。

x 軸と x2 軸の対応を数式でつけることを可能にする set link の
機能が追加されました (y 軸と y2 軸も同様)。

書式: set link {x2 | y2} {via <expression1> inverse <expression2>}
(注: マニュアルにはこう書かれていますが、厳密なオプション指定
や何が省略可能なのかはまだちょっと曖昧なようです)

例: set link x2 via x**2 inverse sqrt(x)
x 軸に対して x2 軸が x**2 の非線形な軸になる (未テスト)

なお、これを設定すると x2 軸の設定は x 軸の設定から自動的に行
われることになるので、x2range などの設定は set link が有効な間
は無視されるそうです。

2 軸と 1 軸に関連がある場合は便利ですし、また対数軸以外の非線
形軸を簡単に作る方法としても使えそうです。


〔ツリー構成〕

【2603】 set link 2012/8/6(月)19:58 竹の (675)

前の画面〕 〔クリックポイント〕 〔最新の一覧〕 〔全て読んだことにする〕〔全て読んだことにして終了〕 〔終了

※ 『クリックポイント』とは一覧上から読み始めた地点を指し、ツリー上の記事を巡回しても、その位置に戻ることができます.